犬道楽と犬寺子屋

アクセスカウンタ

zoom RSS クリッカートレーニングの捨て稽古

<<   作成日時 : 2015/04/15 08:50  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

まず初めに
柔道の練習に「捨て稽古」というのがあります
無抵抗でひたすら投げられる、または無抵抗の相手をひたすら投げる練習です
最初は10回も投げられると体がバラバラになってしまうんじゃないかって
思うほどの痛みに感じられます
それが、100回、1000回と毎日稽古をしていると、慣れるのか?麻痺なのか?
上手に受身が取れるようになるのか?痛くなくなるんです

投げる側は、最初はうまく投げられず、どう考えても痛々しい投げ方に
申し訳なさでいっぱいになります
これも、100回、1000回と毎日繰り返している間に、綺麗な受身の音を聞ける
ようになってくるんです。

さて、これは何の練習なのだろう?って思ったことがありました。
乱取り稽古や実際の試合では、相手は必死に向かってきます
無抵抗な瞬間なんて全くありません
そんな中で、捨て稽古の投げ方をしようとしても、全くできずに、捨て稽古の意味を
考えたものです。
ただの我慢大会か?なんて・・・

でも、だんだん自分の柔道ができるようになってくると、捨て稽古の投げ方と、実際の
相手を投げようとしている時の投げ方の形や、力の入り具合の違いが感じられるように
なってきます。
捨て稽古は、投げ(取り)も受身も理想の形を体に染み込ませる練習だったんです


画像





さて、それがクリッカーに何の関係が・・・?


父のクリッカークラスでは、クリッカーのセッション中、飼い主さんの間に入って
父がクリックする事が多々あります。
多くの場合、ワンコはステップアップしていきます。

先日、アシスタントが、クラスで私が生徒さんのワンコにクリックしてステップアップ
する事に疑問を投げかけてきました。
「それでは、飼い主さんが家に帰ってから出来るようになっているとは限らないのでは?」
という内容の疑問でした

その疑問は正解です
なぜクラスでは出来たのに、家に帰るとうまくいかないのか?と考える事があると思います

それで良いのです
そして、クラスでの正解のクリックのタイミングと、今の違いを考えて研究して
自力でステップアップ出来た時、自分のクリックを身につける事が出来るのです

クラスでのセッション中に、父がクリックするのは「捨て稽古」って事なんです
正解のタイミングを染み込ませているのですね〜


多分、生徒さんの中でも、そんな心配のある方がいると思い、こんなブログを書いてみました。
少々上から目線の部分があるのはご容赦ください



ランキング参加中!
清きワンクリックを一日1回お願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


ペットの手作り食
↑↑↑↑マルシロゴハン

ウルトラクロのしつけ奮闘記
画像


フリースペース4テスト

テーマ

関連テーマ 一覧

フリースペース5テスト

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

犬寺子屋のご案内

               千葉県浦安市富士見3丁目   駐車場 1台分有り                    一般家庭のリビング(12畳相当)をそのままワンコのレッスン場に使いますので、殊更にトレーニングという事ではなく普段の生活を通じて様々な事を覚えていきます。        雨の日も、外でしかトイレが出来ないワンコでも小さな庭がありますので安心です。                   ご質問ご相談は、メールで ↓↓↓↓ 01ultrashiro@gmail.com
クリッカートレーニングの捨て稽古 犬道楽と犬寺子屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる